カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

でじ

Author:でじ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QR

2009/10/13 カメラのモード

今日は本格的ダイビングシーズンに向けて、シロレイシガイとその仲間の駆除に行ってきました。
3カ所で駆除したのですが、2つめのポイントはわんさかいましたよ。

駆除の写真はこちら→「でじでじ草」



で、少し時間があったので、新しいデジカメのテストも行ってみました。

ちょっとどんよりして、水中が暗めでしたが、色々なモードで撮影して色の違いを調べてみました。


水中モード
水中モード(補正なし)

水中モード補正
水中モード(補正あり)

まずデジカメ内蔵の水中モードです。ストロボはオフ。そのままでは全体的に青っぽい、見たままの色です。これをレタッチソフトで補正すると、ちょっと色が出てきます。



水中モードストロボ
水中モード(ストロボ、補正なし)

水中モードストロボ補正
水中モード(ストロボ、補正あり)

次にストロボオン。色は出ますが、少し白っぽくなってしまいます。補正すると少しは緩和されますが、それでも全体的に明るい感じ。



Pモード
Pモード(補正なし)

Pモード補正
Pモード(補正あり)

デジカメのプログラムオートで、ホワイトバランスをマニュアルで設定しました。
本来の色が出てきますが、水中らしさは無くなりますね。補正すると、コントラストがはっきりするので、見た目は綺麗です。




Pモードストロボ
Pモード(ストロボ、補正なし)

Pモードストロボ補正
Pモード(ストロボ、補正あり)

ストロボオン。このデジカメはストロボをオンにすると、絞りが変わるので、ストロボが強力じゃないと、全体的に暗くなってしまいました。マクロなど近いものを撮るときはまた変わるかも知れません。。。補正してもそれほど変わりませんね。



と言う事で、スナップや記念写真を撮るときは、水中モードよりPモードにしたほうがいいみたいです。

最後にクマノミで2パターン。


ニモ水中モード
水中モード(ストロボ、補正あり)

ニモPモード
Pモード(ストロボ、補正あり)

完全に好みの問題ですね。。。
皆さんはどちらが綺麗に見えますか?



*使用機材
デジカメ   CANON IXY DIGITAL 510IS
ハウジング  WP-DC32
ストロボ   INON D2000Type3
ワイコン   INON UWL-100 28D



沖縄ダイビングショップ「アクアデート」    スタッフブログ「でじでじ草」

http://www.aquadate.org/i/  http://www.aquadate.org/i/



テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

タグ : 沖縄,水中写真,ケラマ

2009/06/16 デジカメセミナー

今日はオリンパスさんのデジカメProShopセミナーに参加してきました。


P6169188.jpg

お試し用のデジタル一眼レフカメラがいっぱい。今回私は、ズームレンズ付きとマクロレンズ付きのデジ一を試してみました。

まず、、そのデカさにビビります。(^_^;) 通常のコンパクトデジカメの2倍以上の大きさと重さ。もちろん水中では重さを感じないのですが、エントリー、エキジットは慎重になります。

【ズームレンズ】 気温25度、水温26度、透明度12m、流れ少しあり

雨で水面近くは濁ってますが、-5mもいくと綺麗です。取りあえず、教えてもらったモードのままで撮り始めます。

今回、撮影したデータは入手出来なかったので、雰囲気だけ見てください。(^_^;)

P6169214.jpg

モニターじゃなくて、光学ファインダーを覗いて撮影するのは初めてなので、ちょっと大変。マスクのレンズをファインダーに押し付けて覗くので、顔が自動的にカメラと平行になります。這いつくばって撮影するときは首が苦しいかも(笑)。

それと今回、ストロボには新しいUFL-2と言うタイプがついていて、INON方式と違って、かなり優秀に光量を合わせてくれます。

今までINONのD-2000では、ほとんどの場合問題ないのですが、接近したり、被写体からの返りが悪いときは、光量が大きすぎて飛んでしまうことがあり、その場合は手動で光量を下げていたのえすが、このUFL-2は被写体が近い場合でも、少し遠い場合でも、かなりのところまで正確に発光してくれます。
これは被写体に集中できるので、とってもいいです。ただしちょっと高めですが。


【マクロ】 気温25度、水温26度、透明度12m、流れ少しあり

続いてマクロレンズで。100mm相当のマクロレンズなので、結構寄れますが、それでも30mmほどのウミウシが画面いっぱいにはなりません。テレコンがあるといいですね。

P6169210.jpg

洞窟の中から外を撮ってみました。マクロでもこれだけの範囲で写せます。

今日はどんよりで水中も暗かったので、AFが合いにくかったことを除けば、ダイナミックレンジも広いし、さすが一眼ってところです。

コンデジだと白飛びや黒潰れになりそうな場面でも、正確なストロボと相まってかなりのところまで撮影でき、発色もいいです。

もちろん、でかすぎてガイドでは使えませんが、いい写真を撮りたければデジ一の選択もありですね。

ウチがもうちょっと儲かったら(^_^;)、レンタルで一台導入してみますので、是非お試しください。


沖縄ダイビングショップ「アクアデート」    スタッフブログ「でじでじ草」

http://www.aquadate.org/i/  http://www.aquadate.org/i/



テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP