FC2ブログ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

でじ

Author:でじ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QR

2010/10/12 マンタ…残念

今日は、関東からお越しのダイバー、ウーさんヤーさんとケラマに行ってきましたよ。
朝の内、ケラマは土砂降りでしたが、ポイントに到着すると、太陽も出て来ました。。。

早速エントリーすると、かなりの流れです。砂地から流れに乗って沖のハマサンゴにいくと、サンゴの下のトンネルにホワイトチップがぐるぐる周ってました。
モンハナシャコと遊んで、再び砂地を戻ると、サンカクシノビハゼ、スズメダイ、ブダイ、チョウチョウウオなどのいつものメンバー。

飛び出す魚

リーフに上がって安全停止してると、ヤマブキベラが纏わりついてきました。

今日は船のガラガラで、ゲストの皆さん大の字になって休憩できます。
ポイントを移動して、休憩してると、遠くのブイの横になにやらヒレが。
「サメ?マンタ?」と思ったのですが、その後ヒレは見えず、、、

しばらくしてエントリーの準備をしてると2階のデッキから船長が
マンタ!!」の声。

見ると船の横5mにマンタが悠々と泳いでました。
マンタは潮に乗って北上、すぐにスノーケリングを装着して追いかけましたが、マンタ速い。。。

水面マンタ

なんとか遠くにシルエットが。
帰りは向かい潮でかなり疲れちゃいました。。。

もう一度休憩して、2ダイブ目。まったりサンゴの山を散策です。

水面には無数のキビナゴと、それを追うツムブリの群れ。

ツムブリ

時々イワシの群れも通り過ぎて行きます。そのままリーフエッジのブイ下まで行きちょっと休憩。
ソライロイボとタテヒダイボのウミウシの違いを説明して、イットウダイやアカマツカサなどを紹介。

トンネル

浅場に戻って太陽きらきらの中を進み、岩場の洞窟を覗いて船の下へ。

洞窟

船の後方にはグルクマーも大きく口を開けて群れてました。

ランチを済ませて、休憩してると、再び船の横にマンタ!潜って見えなくなりちょっとしたら、少し離れた所にいたボートのスノーケラーが大騒ぎ!あっちに出たようです。行ったり来たりしてるみたいなので、最後は一縷の望みを託してマンタ探し。。。少しだけ潮に逆らってブイへ。

相変わらずキビナゴとツムブリの追いかけっこは続いてますが、マンタの気配はありません。

そのまま流れに乗ってリーフ沿いを進みます。

まったり

イワシの群れ、カスミアジ、キンギョハナダイ、モンガラカワハギ、、、水面にはキビナゴ。
でもマンタ居ません。。。
粘ってかなり流されてみましたが、結局マンタに会えず、残念。

でも水面からでも見れたのはラッキーでした。

ゲスト

ウーさんヤーさん、お疲れさまでした。今日は流れてましたが、太陽も出てくれて綺麗でしたね。また是非遊びに来てくださいね、お待ちしてます!!




沖縄ダイビングショップ「アクアデート」    スタッフブログ「でじでじ草」

http://www.aquadate.org/i/  http://www.aquadate.org/i/



テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

タグ : 沖縄 ケラマ ダイビング マンタ

<< 青の洞窟スノーケリング | ホーム | ハナミノカサゴゆ~らゆら >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP